バリ島の海の、の~んびりシュノーケリングログなどを載せてます♪


by jackknifebali

カテゴリ:バリ島のサンゴ( 10 )

癒されます♪

バリ島の海の中の景色です。

b0165554_1833527.jpg

癒されます♪

------------------------------------------------------------
バリ島シュノーケリングは、JackKnifeBALIへ!
    http://jackknifebali.client.jp/
------------------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
------------------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2011-01-04 18:34 | バリ島のサンゴ

アメッドの漁礁

今年の夏に沈められた新しい漁礁です。

b0165554_18204893.jpg
ガタガタに模ったコンクリートを沈め、そこにサンゴを固着させたポッドを差し込む方法を取っています。これなら、固着するまでに死んでしまう事はないでしょう。

育成状態も問題ないかと思います。
今後も観察を続けます!

ここから徐々にサンゴが広がっていけばいいなぁ♪

------------------------------------------------------------
バリ島シュノーケリングは、JackKnifeBALIへ!
    http://jackknifebali.client.jp/
------------------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
------------------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2010-11-02 18:24 | バリ島のサンゴ

本当に残念です。

アメッドはジェメルックビーチに沈められている漁礁の数々。
サンゴも固着してきており、お魚も沢山です。

以前より観察してきましたが、
1年足らずでスギエダミドリイシ(だと思う)が固着・成長を見せる鉄製の漁礁。
鉄は、サンゴの成長を促す何かがあるようだと考えています。

b0165554_21192189.jpg
釣鐘型の鉄の漁礁、成長して枝を伸ばしていたサンゴが、何故か次々に折れていってるんです。
海が荒れた時に、波にやられてるものかと思ってましたが、違いました。

日本人オーナーの某大手ダイビングショップが、体験ダイブのゲストを(素手で)摑まらせて
写真を撮ってたんですねぇ。
掴んだところ、フィンや膝の当ったところのサンゴが、容赦なく壊されてました。
一向にサンゴが大きくならないハズです。

陸で注意しても、ヘラヘラ笑ってるだけでした。
海で仕事をさせてもらっている人間が、海のものを平気で壊す。
本当に残念です。

ショップやガイドもダメダメですが、ゲストも「それはダメだ!」とわかってるハズ。
海で遊ぶ以上、最低限の良識をわきまえてほしいです。

本当に残念です。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2010-09-17 21:28 | バリ島のサンゴ

育成中

アメッドに沈められた漁礁に、本格的なサンゴの植え付けが始まってます。

b0165554_2143814.jpg
どのくらいの数が生き残り、完全に固着するまで、どれくらいかかるか。
暇をみて、観察していこうと思います。


サンゴの植え付け、育成は、どういう方法が正しいとか、このやり方が正当とか、
そういったものは、未だ議論の真っ最中です。
ここバリ島では、特に方法論なんてござんせん。
でも、インドネシア人が率先して「海を守ろう」「サンゴを育てよう」という、
この志と行動は、素晴しいですね。
私、見習ってます。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2010-06-27 21:48 | バリ島のサンゴ
昨日、アメッドでシュノーケリングをしてきたのですが、
以前ご紹介した“サンゴのかさぶた”、覚えていらっしゃいますか?
http://snorkeling.exblog.jp/12294337/
シュノーケリングで、浅い水深で、しっかり確認出来ましたので、ご紹介致します。

b0165554_11315544.jpg


原因は色々あると思います。浅瀬ですと波による被害もあるでしょうし、
ブダイなどの食害もあるでしょう。
でも、やはりダイバーやシュノーケラーのフィンが当ったり、
中には故意に触ったりしてしまう事で、サンゴが傷ついている箇所もあります。

バリ島に限らず、世界中の海のサンゴを傷つけない、守るという意識を、
もっともっと広げていきましょう!

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
スキューバダイビングサーチ
バリ島移住 ・バリ島観光情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-12-09 11:37 | バリ島のサンゴ

サンゴのかさぶた

~ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイトより~

b0165554_21282713.jpg

傷ついたサンゴは、自らの傷を癒すために色鮮やかに光る“かさぶた”を作るということが、新たな研究で明らかになりました。

気をつけて海中を見てみると、確かにあるんですよね。

まだまだ謎の多い海の世界ですが、またひとつ、明らかになりました。

海で遊ぶ皆さん、サンゴを大切にしましょうね。

詳しくはYahooニュース様の記事をご覧下さい。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
スキューバダイビングサーチ
バリ島移住 ・バリ島観光情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-11-09 21:28 | バリ島のサンゴ
バリ島でダイビングガイドをしている
知り合いから聞いた話を紹介します。

----------------

先日、サヌールのポイントに潜っていると、

サンゴに大きく落書きされていて、

名前と日付が書いてあった。

日付は今日になっていた。



「そういえば、さっき某ショップがいたな」と

ビーチに帰ってきてから、

そのショップのスタッフに話を聞いたら、

その某ショップのローカルスタッフと

日本人のお客さん2名が書いたとの事。



直接その人たちに話をしたら、

下を向いたまま、とにかく黙秘。



その内、

そこの日本人スタッフが逆切れ・・・

周りのスタッフも

「直接本人を責めるな」と・・・

----------------

これを読んで、皆さんはどう思いますか?

「せっかくのバリ島ダイビングで、
 海に記念を残して何が悪い!」 と思う方、
いらっしゃいますか?


「ローカルガイドに乗せられて、つい・・・」
みたいなところもあるかもしれませんが、
少し考えて頂きたいと思います。


『何故、そこに痛みを感じてくれないのか?』


この件を、もっと大きく取り上げれば、
公共事業の大義名分の自然破壊などに
発展する話題でしょう。


海で遊ぶ者として、人間としてのモラルが
問われるのではないでしょうか?


この話はバリ島だけに留まりません。
沖縄のアザミサンゴの記事捏造事件 も、
忘れてはならない事件でしょう。
各世界遺産への落書き、
そして今回の件。


私達人間のモラルの低さが窺えてなりません。


今回の件で、この事態を直接本人に指摘した
この知り合いの勇気は、私は賞賛すべき事だと思います。


皆さんなら、どう考えますか?
どう行動しますか?


私は、私のできる事をやろうと思います。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-08-19 22:10 | バリ島のサンゴ

サンゴ育成レポート3

個人的にアメッドの漁礁にある育成中のサンゴを観察しております。
実は結構久しぶりに見に行ったのですが・・・
そのレポートをご報告いたします。

b0165554_18344778.jpgなんと、いつも観察していた、鉄鐘に固着しているサンゴの枝が折れてます!
非常識ダイバーか?!と疑いましたが、そうではなく、どうも数週間前に海が大荒れしたのが原因と思われます。
なるほど、大荒れすると、水深5~7mあっても、この漁礁の位置はかなり巻かれてしまうのでしょう。それでずっと砂地になっていたんですね。




b0165554_18383887.jpgコンクリートに固着していた、いつも観察していた水深6m前後にあったサンゴが、固着したはずの土台からすべて剥がされ、なくなっていました(TДT)
他にも、この水深のサンゴには被害が出ていて、悲しい。。。
画像は、水深9m付近のコンクリートに固着しているサンゴなのですが、こっちは剥がれずに育っています。



その状況下で調べてみないと、サンゴが無事育つか否か、わからないですねぇ~。
ちなみに、コンクリートよりも、鉄の方が、固着速度も速く、固着力も強くなるのでは?という見解ができました。
コンクリートは剥がれ、鉄は大丈夫でしたからね。
これからも、観察を続けていきます。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-21 18:47 | バリ島のサンゴ

サンゴ育成レポート2

アメッドのジュムルックビーチにある漁礁の育成中のサンゴを観察しています。
今日はものさし持参で見に行って来ました。

b0165554_18554822.jpgこれは鉄鐘に固着しているサンゴです。固着するのは早かったのですが、成長も、コンクリートに固着している物よりも早いようです。現在、土台部分は大体3cmくらいに広がっています。



b0165554_18561594.jpgこちらはコンクリートに固着しているサンゴです。土台部分は約2cmになっています。
他の箇所からの固着も見えますので、随分安定しているように見えました。サンゴの置き方も考えないといけないかもしれませんね。





----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-03-14 18:52 | バリ島のサンゴ

サンゴ育成レポート1

~アメッドで着実に育っている漁礁のサンゴの成長観察記~

アメッドの人たちが、独自にサンゴと魚を増やそうと、2008年の10月頃にでっけぇコンクリートの棒を数本と鐘型の鉄を2つ、漁礁としてビーチに沈めました。
近くのサンゴをポキポキ折って、漁礁に釘やら何やらで数十箇所に固定したようです。
それを勝手に観察させて頂いてます。
サンゴを設置してから約4ヶ月が経ちましたが、そのいくつかは、しっかりと固着してきてます。

b0165554_11561315.jpg


コンクリートに固定されたサンゴ。
約1cmほどの広がりを見せている。

b0165554_11584132.jpg


こちらは鉄鐘に固着したサンゴ。
2cm前後、広がっている。。

まだ固着できていないサンゴ、死んでしまったサンゴもありました。

サンゴ育成には、様々な賛否両論があります。
その海域、サンゴの種類、数、相性など、私の頭では理解不能な膨大な資料やレポート。
しかし、「これが正しい」という答えは未だにありません。
大自然ですからね。
でも、こういった活動は、全く無意味なモノではないと、信じたいです。
インドネシアを含む各諸国では、こういったことに関して、まだまだ意識が低く、禁止されたはずのダイナマイト漁も、未だどこぞで続けられているという話を聞きます。
日本でもサンゴの白化現象(ホワイトシンドローム)が問題になっていて、やはり、人間の手で失われたサンゴを元に戻そうという声があります。

しかし、サンゴ移植など、生半可な知識からの行動は 逆にその海の生態系に響くことにもなりえるという事を考えなければいけません。
知人の言葉をお借りすると・・・
サンゴを生き物に置き換えて考える必要があり、他から持ってきて移植する場合、もとからあるサンゴと同種か、 どのくらいの距離なら外来種とならないかetc・・・
種苗の採取も自然破壊と見れないこともないのです。
去年は国際サンゴ礁年で、色んな所で議論されましたが、法律、条令もまだまだ曖昧なままで終わってしまってます。
そして、なぜ、その海域のサンゴが死滅してしまったのか、その原因を突き止め、元を断たないと、サンゴの移植は全くの無意味になってしまうでしょう。

私個人、どうすればこの海に一番いいか、観察しながら考えている程度に過ぎません。
しかし、ここを観察していると、答えの一つが“ココ”にある、
そんな気がします。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-02-25 11:53 | バリ島のサンゴ