「ほっ」と。キャンペーン

バリ島の海の、の~んびりシュノーケリングログなどを載せてます♪


by jackknifebali

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サンゴ育成レポート1

~アメッドで着実に育っている漁礁のサンゴの成長観察記~

アメッドの人たちが、独自にサンゴと魚を増やそうと、2008年の10月頃にでっけぇコンクリートの棒を数本と鐘型の鉄を2つ、漁礁としてビーチに沈めました。
近くのサンゴをポキポキ折って、漁礁に釘やら何やらで数十箇所に固定したようです。
それを勝手に観察させて頂いてます。
サンゴを設置してから約4ヶ月が経ちましたが、そのいくつかは、しっかりと固着してきてます。

b0165554_11561315.jpg


コンクリートに固定されたサンゴ。
約1cmほどの広がりを見せている。

b0165554_11584132.jpg


こちらは鉄鐘に固着したサンゴ。
2cm前後、広がっている。。

まだ固着できていないサンゴ、死んでしまったサンゴもありました。

サンゴ育成には、様々な賛否両論があります。
その海域、サンゴの種類、数、相性など、私の頭では理解不能な膨大な資料やレポート。
しかし、「これが正しい」という答えは未だにありません。
大自然ですからね。
でも、こういった活動は、全く無意味なモノではないと、信じたいです。
インドネシアを含む各諸国では、こういったことに関して、まだまだ意識が低く、禁止されたはずのダイナマイト漁も、未だどこぞで続けられているという話を聞きます。
日本でもサンゴの白化現象(ホワイトシンドローム)が問題になっていて、やはり、人間の手で失われたサンゴを元に戻そうという声があります。

しかし、サンゴ移植など、生半可な知識からの行動は 逆にその海の生態系に響くことにもなりえるという事を考えなければいけません。
知人の言葉をお借りすると・・・
サンゴを生き物に置き換えて考える必要があり、他から持ってきて移植する場合、もとからあるサンゴと同種か、 どのくらいの距離なら外来種とならないかetc・・・
種苗の採取も自然破壊と見れないこともないのです。
去年は国際サンゴ礁年で、色んな所で議論されましたが、法律、条令もまだまだ曖昧なままで終わってしまってます。
そして、なぜ、その海域のサンゴが死滅してしまったのか、その原因を突き止め、元を断たないと、サンゴの移植は全くの無意味になってしまうでしょう。

私個人、どうすればこの海に一番いいか、観察しながら考えている程度に過ぎません。
しかし、ここを観察していると、答えの一つが“ココ”にある、
そんな気がします。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-02-25 11:53 | バリ島のサンゴ
b0165554_22514891.jpg
今日のログは、アメッドです!
こちら方面の海も、コンディションが良くなっており、そこにリピーターのSさんがお孫さんを連れてこられました。そしてアメッドをリクエストして下さいました。
ここアメッドは、小さなお子様連れでも安心して遊んでもらえるビーチです。
ご家族でご旅行をお考えのアナタ! アメッド、お勧めですよ。

アメッドの宣伝はそのくらいにして、お孫さん、“お受験”を見事クリアして、今回はご家族でバリ島旅行です。Sさんは息子さん夫婦にくっついてきて、当サービスに早々のリピートです。ありがとうございます
で、お二人での~んびりとシュノーケリング・・・と思いきや、孫のY君、お魚に夢中!
おばあちゃんをそっちのけ?!
「あのお魚はなんですか?」などの質問連発。答えられない魚がいたらどうしよう(;><)と、内心ヒヤヒヤでした。
将来の日本を、君が背負って立ってね。


----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-02-24 22:38 | シュノーケリングログ

またパダンバイですが

b0165554_22501173.jpgちょっと日が空きました。
久々の更新ですが、すみません、またパダンバイです。
パダンバイは個人的にも好きです。でも、他のポイントも好きです。でも、今回はゲストがパダンバイをリクエストされ、ご案内した次第です。
このブログを読んで頂いてる寛大な皆様、近々必ず他のポイントの記事を書きますので、今しばらくパダンバイネタをお許し下さい

で、パダンバイなのですが、今日はいつにも増して、イイんです!!!
水面からガーデンイールを観察できたり、カクレクマノミのニモ、ナンヨウハギのドリー、ツノダシのなんやら等、たくさんのお魚を観る事ができました。
ハードコーラルに群れるデバスズメダイも乱舞です!
見ごたえありましたよ~♪


----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-02-20 22:40 | シュノーケリングログ
b0165554_22351254.jpg
またか!と言われそうですが、パダンバイにシュノーケリングにお連れしました。
トランベン、アメッド方面がシュノーケリングに向くコンディションぢゃなくて・・・
しかし!北東方面が荒れてるときは、このパダンバイは好コンディションに恵まれることが多いのです!
私の大体の感覚での統計学っぽい勘によれば、ですが。。。

本日のゲスト様は、お母さんと娘さんの親子。
写真嫌いのお母さん、カメラを向けても顔をかくしてしまうシャイな方?!
フロートに掴まってもらい、引っ張りながら、パダンバイのお魚達をご紹介して周りました。
水温も暖かく、快適なシュノーケリングでしたね♪


----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-02-01 20:33 | シュノーケリングログ