「ほっ」と。キャンペーン

バリ島の海の、の~んびりシュノーケリングログなどを載せてます♪


by jackknifebali

<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

b0165554_22345374.jpg初バリのお母さんと娘さんの親子シュノーケラーさんを、パダンバイにお連れ致しました。
ウブドスティのゲストでしたが、JackKnifeBALIはウブドでも無料送迎してますよ~!宣伝でした
そんな訳でパダンバイですが、透明度15mくらい、水温28℃、ちょっとウネリあり、といった海況。
最初は緊張していらっしゃいましたが、海育ちとの事で、しばらくすると本領発揮!
余裕のシュノーケリングを楽しんでいらっしゃいました。
画像は推進4mくらいにいたカクレクマノミ。カワユイ♪


b0165554_2235156.jpg水中からお二人の記念撮影をさせて頂きました。
腕が悪いので、若干ピンボケ・・・すみません(;´∀`)
の~んびりシュノーケリング、如何でしたか?
また遊びに来てくださいね!

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-31 22:42 | シュノーケリングログ
b0165554_15153144.jpgやや波のあるトランベンでした。
本日のゲスト様は、ちょっとシニアですので、波の当りやすい沈船にはお連れできず、ドロップオフのリーフやパラダイス前にご案内しました。
ビーチ近くはちょっと白にごりしてましたが、少し離れれば、水深15~6mあたりを潜っているダイバーがしっかり見えます。



シュノーケリングは全く余裕のゲストお二人、カクレクマノミ、ハナタカサゴやカスミチョウチョウウオの群れ、アラレフグなどをご紹介しながら、の~んびり楽しんで頂きました。
画像は水深7mくらいにいたハナヒゲウツボの成魚です。
近づいたら、一旦引っ込んでしまったのですが、水面で待ってたら、また顔を出してくれました。
ありがとう~♪

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-29 23:38 | シュノーケリングログ

猿と人間の共生

バリ島にはいくつかの猿ゾーンがあります。
ウブドにはモンキーホレストという、猿の公園もあります。
悪名高いのが、ウルワツの猿。

何故か?
手癖が悪いのです。
観光客のメガネ、帽子、ヘアピンなどサッ!と盗んで行きます。

                 ウルワツ寺院で見たこのぷくぷくの猿。↓
b0165554_18173813.jpg


近くに座ってしゃべっていたインドネシア人観光客のメガネを奪う。
もちろん簡単には返してくれない。
そこで、ウルワツ寺院のチケット売りの人が、袋入りのフルーツを
猿に投げる。
猿は、持っていたメガネを手放す、やっとメガネが戻ってくる。

ほっとした束の間。
今度は女の子の喚声が!

これまた近くで座って友人としゃべっていた中学生らしい女の子
サンダル片方を奪う。
もちろん簡単には返してくれない。
また、ウルワツ寺院のチケット売りの人が、袋入りのフルーツを投げる。
サンダルを手放す。
サンダル戻る。

同じ事を、他のおじさんもやられていた。

この数分間でこの猿は3つものフルーツをゲットした事になる。
そりゃ、ぷくぷくと太るわけだ。

この行為、「人間と猿の共生」と言われています。
何故かと言うと、人間が猿にこの悪戯を教え、取られた物を
取り返すために、観光客にフルーツを高値で売る。というモノだ。
本当か、ウソかは定かではありませんが、そんな猿の習性を
生かして商売をする人間はやはり賢いですね~。(^_^;)

とにもかくにも、ウルワツ寺院観光はお気をつけ下さいませ。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-25 18:21
b0165554_16581114.jpg本日のゲスト様、ご家族で遊びに来てくれました。
どうしても、お母様に海の世界を観せたい!という娘の想いで実現した今日。余裕でシュノーケリングを楽しむご夫婦とは裏腹に、緊張気味のお母様。
ブリーフィング後、実際に海に入ってみると、なんのことはない、すぐに慣れてきました。フロートは必要でしたが、サンゴ礁の上を引っ張りながら、サザナミヤッコ、セナスジベラ、ヤッコエイ、クロユリハゼなどをご紹介しました。

最後に「楽しかったわ」と言っていただけ、企画者のご夫婦もご満悦♪
私もガイド冥利に付きます。
安全に、楽しく、バリ島の海をご案内する私共のスタイルに共感頂き、本当にありがとうございます!
是非、また遊びに来てくださいね。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-22 17:04 | シュノーケリングログ

サンゴ育成レポート3

個人的にアメッドの漁礁にある育成中のサンゴを観察しております。
実は結構久しぶりに見に行ったのですが・・・
そのレポートをご報告いたします。

b0165554_18344778.jpgなんと、いつも観察していた、鉄鐘に固着しているサンゴの枝が折れてます!
非常識ダイバーか?!と疑いましたが、そうではなく、どうも数週間前に海が大荒れしたのが原因と思われます。
なるほど、大荒れすると、水深5~7mあっても、この漁礁の位置はかなり巻かれてしまうのでしょう。それでずっと砂地になっていたんですね。




b0165554_18383887.jpgコンクリートに固着していた、いつも観察していた水深6m前後にあったサンゴが、固着したはずの土台からすべて剥がされ、なくなっていました(TДT)
他にも、この水深のサンゴには被害が出ていて、悲しい。。。
画像は、水深9m付近のコンクリートに固着しているサンゴなのですが、こっちは剥がれずに育っています。



その状況下で調べてみないと、サンゴが無事育つか否か、わからないですねぇ~。
ちなみに、コンクリートよりも、鉄の方が、固着速度も速く、固着力も強くなるのでは?という見解ができました。
コンクリートは剥がれ、鉄は大丈夫でしたからね。
これからも、観察を続けていきます。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-21 18:47 | バリ島のサンゴ
b0165554_17451738.jpg本日はパダンバイにシュノーケリングに行って来ました。
ちょっと波&ウネリがあり、シュノーケリングのベストコンディションではありませんでしたが、テンプルのポイントにある、大きなハードコーラル、ここはいつ来ても、いい!
アヤコショウダイも必ずいるし、なんといってもデバスズメダイの群れの素晴しさ!
シュノーケラーが近づくと、サ~ッと風のように逃げていきます。
バッチグー♪

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-16 17:50

GWのお礼とお詫び

このシュノーケリングガイドサービスJack Knife BALI”は、
母体がバリ島ダイビングサービスjellyfish divers village”ですので、
シュノーケリングだけでなく、ダイビングの方のゲスト様もあった訳ですが、
今年のGW、4月の後半より5月前半、好コンディションが続くバリ島の海に、
ほぼ毎日、途切れることなくゲスト様をご案内することができました。

遊びに来て頂いた皆々様、本当にありがとうございます!

そして、フルブッキングの為、今回ご一緒できませんでした皆々様、
大変申し訳ありませんでした。


当サービスはフルブッキングになることが多いのですが、
何故かと申しますと・・・

私達の考えとしまして、
ファンダイブにしても、体験ダイブにしても、
そして、もちろんシュノーケリングにしましても
少人数制を徹底しているからです。

もちろん、他のショップさんも少人数制を導入しているところは沢山ありますが、
当サービスでは、
場合によっては、マンツーマンでお連れしているからです。

ゲストのストレス(不安)を事前にメール等で確認したり、ご希望を聞いたりして、
少しでもストレス無く楽しんで頂ける配慮を形にしたものだと思っています。

当サービスのメインのイントラ(ガイド)は2名です。
(たまにフリーランスガイドをお願いしています)
例えば、ゲスト様が2名として、
1名がファンダイブ、1名がシュノーケリングなら、
もうこれでフルブッキングとなる日もあります。

「え?ガイドが2名いるのに、ゲストが2名でフルブッキング?」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、
ダイバーさん一人一人の好み、スキルレベル、
抱えているストレスは、全て違います。
人数が多すぎると、
ゲスト一人一人と向き合う時間が少なく、
その方にとっての“楽しい”ダイビング、“楽しい”シュノーケリングを
配慮できないかもしれません。

ダイビングの場合、
海の中で、“安全”に“楽しく”潜ってもらう為にも、
一度に大人数を連れて行くことは、
私達の考えとしては、できません。

そして、これはシュノーケリングにも言える事で、
いくら手軽に楽しめるシュノーケリングでも、
最初は“怖い”と思う人は、
私達の経験上、かなり多いです。
“安全”に、そして“楽しい”シュノーケリングツアーにご案内するにも、
やはり少人数で、
ゲスト様と距離を近くし、
ストレスを少しでも取り除いて、
リラックスできる環境の中で遊んでもらえるようにしています。

こういった環境作りも、ダイビングインストラクター、
そしてシュノーケリングガイドの大切な仕事だと思っています。



これは、私達が推奨・実践する
「スローダイブ」スタイル です。



できるだけ多くの方を、
私達のガイドでご案内したいと思っているのですが、
こういった経緯により、
フルブッキングが多いのです。
どうかご理解頂ければと思います。


ご予約、お問合せは、
なるべくお早めに、
メールにて頂けたら幸いです。


遊びに来て頂いた皆々様、
本当にありがとうございます。

フルブッキングの為、
ご一緒できなかった皆々様、
大変申し訳ございませんでした。
重ねてお詫び申し上げます。

是非、次回、お問合せ頂けたら幸いです。


最後までお読み頂き、
ありがとうございました!


----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-13 10:37 | シュノーケリングログ
先日のムンジャンガンでのシュノーケリングで見つけたお魚をご紹介しようと思います。
トランベン方面では、あまり見ることのできないお魚です。
b0165554_1065295.jpg
“ロイヤルドッティーバック”

画像のものは、体長4cmくらいでしたが、2cm前後のお子ちゃまも、ウォールにたくさんいました。
はっきり分かれている2色の体色が特徴的です。
ジャックナイフで潜降できるようになれば、簡単に出逢うことが出来ますよ。


----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-11 10:12 | バリ海の水中生物
b0165554_9452635.jpg

本日も行って来ました、ムンジャンガン。“スーパーブルー”継続中です!
流れも無く、水も暖かく、日焼け注意の晴天よろしく、透明度25mオーバー!
ゲストのご夫婦S様、ご満悦です。
b0165554_9454575.jpg

リーフは水深1~2mほどで、エントリーしてすぐにこんな海景をご覧頂けます。
サンゴ礁、たくさんのスズメダイの乱舞、明るい海っていいなぁ~♪
ドロップオフの下にナポレオンも出て来てくれました。
b0165554_946144.jpg

カクレクマノミにも出逢えました。
カワユイ。なんたってカワユイ。
クマノミがキライって人、きっとこの世にはいないでしょう。

国立公園のムンジャンガン島、バリ島南部からの日帰りは、早朝お迎えにあがり、ホテル着は夜になり、丸一日かけて遊びに行くポイントですが、海、景色共に、行く価値のある、本当にキレイなところです。
現地で宿泊もでき、より一層ムンジャンガンを楽しんで頂けます。
道中、タバナンのライステラスやメデウィのサーフポイントなどの景色も楽しんで頂けます。
ちょっと遠いですが、だからこそ守られている自然なんでしょうね。
一度は行きたい、ムンジャンガン!
何度も行きたい、ムンジャンガン!
ご希望ございましたら、リクエストしてくださいね。

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-08 21:43 | シュノーケリングログ
b0165554_9383915.jpg“スーパーブルー”です!
絶好のシュノーケリング日和&コンディションに、ゲスト様感激!
POS1というポイントの桟橋の下には、定番のツバメウオの幼魚がいました。ちょっと大きくなってきたかな?
カクレクマノミやヨスジリュウキュウスズメダイもカワユイ♪
一面キレイな白砂の景色や、大きく広がったサンゴ礁、たくさんのお魚達。
いい!今日は本当にいい!
ちょっと時間は掛かりますが、ここまで来る価値、大いにアリですよ!

----------------------------------------------------
Yes!  バリ ダイビング 情報
Get!  バリ シニアダイビング 情報
More! バリ シュノーケリング 情報
----------------------------------------------------
[PR]
by jackknifebali | 2009-05-08 00:15 | シュノーケリングログ